2014ブロガーズフェスティバルはブロガー以外の人も参加すべき学びの多いイベントだった!!

ダンボールブロガーいわい(@iwai)です!!先日、お伝えしていたとおり、東京で開催された2014ブロガーズフェスティバルに参加してきました!!

「ブロガーズ」という名のイベントではありますが、ブログを書いていない人でも楽しめる内容で、特にWeb業界の人も参加したらいいんじゃないかな〜という収穫の多い内容でした。

京浜急行と京浜東北線って違うのね(笑)

会場となった場所は、蒲田駅の最寄りということで、品川駅から乗り換え無しで行けるため、名古屋から新幹線で来た、いわいにはとても便利な場所でした。

会場に最も近いのは、京浜急行電鉄の「京急蒲田駅」でしたが、おっちょこちょいだったので、京浜東北線の蒲田駅と勘違いしていました。

蒲田駅からでも、徒歩15分程度で会場には行けましたが、季節は夏。いきなり、汗だくになってしまいました(涙

また、10時から開催と思っており、遅刻したと思いましたが、実際には、11時開始で余裕で間に合いました。

まあ、これは結果的には良い誤算でしたが、これからはイロイロちゃんと調べます。はい。

充実していたセッション

ブロガーズフェスティバルは、計9つのセッションがありますが、3つのセッションが同時並行で行われるため、聞くことができるのは、3つまで。

どの方のセッションもおもしろそうで、悩ましかったのですが、いわいは、MATCHAさん、Megwinさん、株式会社はてなさんのセッションを選びました。

メインセッションの他にも、候補者の中から抽選で選ばれた8人の方達のLT(ライトニングトーク)も開催され、最後は、懇親会も行われました。

MATCHA 7言語サイトの運営方針、編集方針、大切にしていることなど

bloggersfes20141

MATCHA(まっちゃ)は、訪日外国人向けの情報サイト。

MATCHA(まっちゃ)

日本語、やさしい日本語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、英語、インドネシア語、で情報を提供されています。

「やさしい日本語」を選ぶと、文字が大きくなり、漢字にはひらがな、カタカナには英語をふりがなのようにつけたりして、情報が提供されます。日本語学習者向けにも役立ちそうです。

日本は全国各地に素晴らしい観光スポットが多くありますが、残念ながら、外国人向けの情報提供は、できていないことが多いです。訪日外国人が生む利益は莫大なものなので、ここが整備されれば、さらに大きな経済効果も期待できます。

MATCHAでは、日本を訪れる外国人向けに多くの言語で日本の情報を提供しており、今回のセッションでは、サイト運営者側の人員構成、大切にしている点、多言語対応、ライター選びなどについて、お話されていました。

印象に残ったのは、ライターの「熱量」を大切にしているという点。広く多くの情報を網羅する必要のあるMACHAのようなサイトにおいては、より早く、多くの情報を集めることに走ってしまいそうですが、質を重視して、一つのトピックに対して、誰よりも熱く語れる人を採用できるよう心がけているそうです。

懇親会で、編集長の鳥井さんとお話させていただきましたが、将来的には日本全国の情報を網羅していきたいとのこと。

セッションの中でもおっしゃっていましたが、マネタイズの面では、まだ、課題があるようです。素晴らしい取り組みなので、是非、この点をクリアして、MATCHAがより良いものになっていくと良いなと思いました。

虚言癖MEGWINのYouTube本当話

bloggersfes20143

MATCHAの次は、YouTuberであるMegwin(メグウィン)さんのお話。

MEGWIN TV

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画共有サイトYouTubeを使って、様々な情報を提供している方達です。ジャンルは様々ですが、Megwinさんは、お笑い系。白鳥の湖のプリマのような格好で登壇されていましたw

いわいは、Megwinさんのことは知らなかったのですが、かなり人気のある方のようで、知っている人も多く、プレゼンでもドッカンドッカン笑いをとっていました。

お笑い系らしく、随所に笑いを散りばめながらも、興味深い情報が多かったのが印象的でした。

今でこそ、YouTuberなどという言葉ができていますが、Megwinさんが動画で情報を発信するような活動を始められたのは、10年ほど前とのこと。キャリアが違います。

また、英語で情報を発信することの重要性、テレビの視聴率とYouTube動画の再生回数を比較して、どの程度の価値があるのかを、定量的に分析されているなど、バカをやりつつも、運営面では、かなり良く考えていらっしゃることがわかりました。

どんなビジネスでも、誰かがやって評判が良ければ、多くの方が真似をします。お笑い系の動画はMegwinさんだけでは無いし、いまや、テレビでもお馴染みの芸能人でもYouTubeチャンネルを持っている方がいらっしゃいます。生き残りをかけて、常に努力が必要です。

しかしまあ、見る側としては、そんな難しいこと抜きに純粋に笑わせてもらえるので、これからも末永く笑わせてもらえることを期待しつつ、チャンネル登録させてもらいました。(^^

【ハテナブログxサイボウズ式】ブログの外に出る方法〜書籍化、連載など企業に求められるブロガーになるには〜

bloggersfes20145

最後は、株式会社はてなのセッション。無料ブログサービス「はてなブログ」を運営する株式会社はてな、同じく情報サイト「サイボウズ式」のサイボウズ株式会社という企業側のお二人と、ブログがきっかけとなって書籍を出版することになった、日野瑛太郎さん、はせおやさいさん、ファーレンハイトさんらが登壇されました。

はてなさんは、IT業界では有名な企業。ブロガーの方にとっては、同社が運営するソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」が有名ですが、はてなブログなど、様々なサービスを提供されています。

サイボウズさんは、企業向けのグループウェアとしては、国内シェア一位の大手。サイボウズ式では、複数のライターが記事を書いており、様々な情報が発信されています。

ブロガー側の日野さん、はせさん、ファーさんは、いずれも、はてなブログでご自身のブログを運営しつつ、サイボウズ式では、ライターとして記事を書かれています。

面白かったのは、サイボウズ式で提供されている情報。通常、企業が運営するサイトであれば、自社の宣伝であったり、少なくとも、自社の商材に絡むものであったりすることが一般的です。

しかし、サイボウズ式では、「自社のことは書かない」「他社のことでも書く」「自社製品とは関係ないことでも掲載」といった自由な方針で、しかも、売上にどうつながったかなど、定量的な評価をしないとのこと。

常識的に考えると「なぜ?」となりますが、定性的な評価を行っていて、ネットでいかに話題になり、多くの人に影響を与えるかを重視しているそうです。サイボウズの認知を、直接的にではなく、こういった形で広く知らしめるというは、柔軟な発想ですね。

定量的な効果は期待していなかったものの、結果的には、売上にも貢献していたとのこと。

売上への貢献を期待しないサービスに費用を投じさせてくれる企業の姿勢、企画した方の考え方など、とても学びが多かったです。

一方、こういった企業に見つけてもらうためには、キラリと光るものがなければいけないわけですが、ブロガー側の皆さんにもそのような意識はありました。

例えば、脱社畜ブログの日野さんは、時流を読むために書店に足を運んで新刊などをご覧になって、いま注目されていることについて書くとかされていたそうです。話題になっていることを書けば、多くの人が注目してくれる確率が上がります。マーケティングですね。

他のお二方も、言葉は違いましたが、ただ、漫然と書くだけでなく、目的意識を持っていらっしゃいました。

ブログをきっかけに書籍を出版したいなら、出版社がどう考えるかを読む必要があります。「誰に向けて何を書くのか」を明確にして、尖ったブログを作れれば、書籍出版への道がひらけるかもしれません。

書籍出版ということで無くても、「何か目標を定めたら、それを達成するために現実的に何を行えばよいのかを考える必要がある」ということですが、わかっているようで、できていない人も多いと思われ、自分自身、考えを新たにすべき点がイロイロあるな〜と考えさせられました。

LTでは、はるぅなさん優勝!!おめでとう!!

メインのセッションに加えて、希望者8人のLT(ライトニングトーク)も開催されました。優勝者は、来年のブロガーズフェスティバルで、メインセッションの登壇者となれます。

今回のLTには、いつも仲良くしてもらっている、はるぅなさん(デザイナーで、プロブロガーごりゅごさんと結婚したばかりの新婚さん)も登壇。そして、見事優勝!!

はるぅなさんのお話は、「人もブログも見た目が9割」というお話でした。皆さん、個性的でオモシロイ内容ではありましたが、はるなさんのセッションは、そのタイトル通り、プレゼン資料のデザインも美しく、さすがはデザイナーという感じ。

また、200人ほどの人達を前にして、落ち着いて、ゆっくりとわかりやすく、笑いも織り交ぜながら話をされていた、はるぅなさんの舞台度胸(これ本当に素晴らしかったです)。

何百人もの前でお話すると、どうしても緊張してしまって、早口になったりするもので、聞き苦しくなったりしますが、はるぅなさんは落ち着いてお話されていて、聞く側も安心感を持てました。

スライドの完成度、プレゼンのうまさから、ひいき目無しで、はるぅなさんが一番と思ってましたが、審査員の方も同じように考えたんじゃないでしょうか。

おめでとう!!はるぅなさん!!

追記:はるぅなさんのスライドが公開されていたので、追加しました!!

ブロガー以外の方もブロガーズフェスティバルに参加する意義

いわいが聞いたセッションの感想をご覧いただければ、どのような学びがあったかが、少しはご理解いただけるんじゃないでしょうか。

いまや、ビジネスにおいて、インターネットは欠かせないものになっています。もちろん、ネットを使わなくても好調な企業もありますが、それは少数派です。

インターネットは、分野が非常に多岐に渡っており、最近では各分野も細分化していますが、単純化して言えば、情報の「発信者」と「受け手」がいる世界です。

ブロガーやメディア運営者は、発信者なわけですが、ブロガーズフェスティバルでご登壇されるような方達は、その道のプロ。

ウェブサイトを持つ、多くの企業(発信者)は、自社の情報が消費者(受け手)に届くよう、予算などの制約がある中で、様々な取り組みを行っています。

ブロガーズフェスティバルに参加すれば、情報発信のプロ達が、いかに情報の受け手に対して情報が届くようにしているのか、その秘訣が学べます。

中には、インターネット以外でも通じる、重要で普遍的な教えもあります。今回の参加費は、3,500円。これだけ多くの学びを得て、また、多くの方との交流の場を与えていただけて、この金額というのは、いわい的には、破格の安さだと感じました。ホントに、お得度の高いイベントでしたよ。

イベント恒例、ダンボール祭り!!

イベントに参加するからには、何か足跡を残してこないとってことで、今回もダンボールを用意して望みました!!皆さん、とっても、きさくにお話してくれて、多くの方がダンボール・ガスマスクをかぶってくれました!!ありがとうございます!!

ダンボールを見せると、かぶる率100%のぴよひこくん
bloggersfes20142

赤いジャージがトレードマーク、NANOKAMO BLOGのハンサムクロジさん
bloggersfes20144

kiyoblo(株式会社はてな)の山田さん
bloggersfes20146

ごめんなさい!!こちら、どなたかワカリマセン!!スタッフTシャツを着ていらっしゃるので、運営側の方ならわかると思いますので、教えてください!!スマセン!!
追記:こちらは、おりじなるさんという方だと、Daiji Okunoさんちゃろさんから教えていただきました。ありがとうございます!!おりじなるさん、失礼しました!!
bloggersfes20149

ブログのプロフィールと同じ形の赤いマフラー、Knowledge Colorsの、いぢまさんには、ブログでガッツリと取り上げていただきました!!ありがとうございます!!
bloggersfes20148

参加した事のない方にこそ知って欲しい!オイラは何故ブロガーズフェスティバルに参加し続けるのか #ブロフェス2014

こちらは多分、株式会社ビットエーのゆうせいさんw
bloggersfes20147

追記:ライトニングトーク優勝者のはるぅなさんの勇姿を追加!!大きなお腹で頑張ったね!!
harunamask

追記:ちゃろさんのダンボール着用写真を追加しました!!運営スタッフお疲れ様でした!!
charoblofes2014

とても多くの方達とお話できました!!ありがとうございます!!

イベントでは、かなり多くの方と名刺交換をしたり、お話したりできました。順不同でご紹介。(漏れている方がいらっしゃったら、ごめんなさい!!)

名刺はお持ちで無い方とも、イロイロとお話できました。中には、いわいのブログを見たと思われる方もおり、嬉しかったです!!皆様には、これからもまた、ブログ系のイベントでお会いすると思うので、ぜひぜひ、仲良くしてください!!お話できなかった方達は、また、別の機会によろしくお願いします!!

イベント主催者の、またよしさん、運営スタッフの皆様、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。また、来年も是非、参加したいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です