Photoshopでプレビューしながらテクスチャ設定ができるQuixel SUITEが良さげ!

3DCG仲間に教えてもらったQuixel Suiteというソフトがなんだかとっても良さげだったのでご紹介します。3DCGに興味のある方限定記事ですw

Quixel SUITE


追記(2017 年 5 月 12 日):本記事を書いたときから大幅に変わっています。具体的には次のとおりです。

  • バージョンアップにより、Quixel SUITE 2 になっている(機能も進化)
  • Quixel SUITE 2 には Megascans は含まれない
  • Quixel SUITE 2 の価格は、商用が 549 ドル、インディ/ホビー/フリーランスは 139 ドル、アカデミックは 69 ドル
  • DDO、NDO の各単体の価格は、349〜49 ドル(選択するライセンスよって異なります)で、いずれも 3DO がセットになっている
  • Megascans は Quixel SUITE 2 とは別のウェブサイトになっている(https://megascans.se/
  • Megascans の価格は、選択するライセンス(フリーランスまたはインディチーム)によって異なり、499〜89 ドル(スタジオ向け価格は問い合わせが必要)
  • Megascans で提供される画像解像度は、4K/8K が選択でき、サイズによって価格も異なる

上記はいずれも追記時点での情報なので、今後また変わっていく可能性があります。最新の情報は、Quixel のウェブサイトでご確認ください。


Google_DatacenterGoogleがついにレンダーファームを始めるぞ!

Quixel SUITEとは

Quixel SUITEは、次の4つから構成されています。

  • MEGASCANS
  • NDO
  • DDO
  • 3DO

これらのツールはPhotoshopのプラグインとして動作するようです。

Mac派のいわいとしては残念ながら、Windows版のみのようです。

これだけだとさっぱりわからんので簡単に説明。

MEGASCANS

オンラインスキャンできるマテリアルライブラリで、1000以上の現実世界のマテリアルをダウンロード可能。ディフューズ、ノーマルマップ、スペキュラ、グロス等が使えます。
megascanbig3

NDO

ノーマルマップ作成ツールでPhotoshopのカスタムブラシを使ってノーマルマップを描いたり、写真をノーマルマップに変換したりできます。
ndo_multisculpting

DDO

テクスチャ作成ツール。マスキングコントロールができたり、DDO Fusionという機能では、3DS Max、Unity、MODOなどと連携でき、このツールでテクスチャを変更すると連携するソフト側のテクスチャも同期して更新されたりとかするようです。(多分、そういう意味だろうと思いますが実際には使ってみないとわからないです)
ddo_sucubus

3DO

Photoshop内でメッシュやマテリアルのプレビューを可能にします。Photoshopの3DCG表示機能って、いまいち使えない感がありましたが、こちらのデモを見ると素晴らしく活かしている感じがします。
3dobig1

どんな感じのツールであるかは、こちらの紹介映像を見るとわかりやすいかもです。

Photoshopを使ってテクスチャリングの機能を拡張するツールって感じですかね。

テクスチャリング多めの人は買いかも

Quixel SUITEのホビー&フリーランス用ライセンスは、99ドルとお手頃な価格設定(2014年6月1日時点では、プリオーダーになってます)。

バラ売りもしていますが、99ドルでセットが買えるならそのほうがお得かと。

最近では3Dソフトの中でテクスチャ編集とかもできたりしますが、Photoshopを使うことがまだまだ多いと思うので、こういった機能拡張ツールって結構需要があるんじゃないでしょうかね。

Google_DatacenterGoogleがついにレンダーファームを始めるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です