MODO801ラウンチイベント開催決定!名古屋は初!

先日、Facebookページでは速報しましたが、いわいも愛用している3DCGソフトMODO(モド)の最新版である、MODO801の発売記念イベントが全国三都市で開催されます!!

名古屋でMODOのラウンチイベントが開催されるのは初ですってよ、奥さん!!

MODO 801 Launch Event 開催のお知らせ!

MODOは3DCG、3Dプリント、そしてダンボールアートにも大活躍!!

3DCGソフトでは実写さながらの映像からアニメのような表現までできたりと、応用範囲がとても広いことで有名です(よね?w)。

最近では3Dプリンタ用のデータ作成にも活用されるようになってきました。玉石混淆の3Dプリンタの中にあって、有名どころとしては、Replicatorという3Dプリンタを開発・販売している、Makerbotという会社がありますが、先頃、MODOの開発元であるイギリスのthe foundryは、同社と業務提携を行うことを発表しています。

The Foundry and MakerBot announce new partnership

業務提携の一環でMODOユーザーはMakerbotのプリンタを10%オフで購入できたりします。(2014年6月24日時点の情報)

さらには、いわいが作っているダンボールアートの設計にもMODOが大活躍しております!!
helmets

3Dプリンタにせよ、ダンボールアートにせよ、そのためのデータ作成はもちろん他のソフトでもできるし、Blenderというフリーソフト(フリーだけど超高機能)もあったりします。

いわいがMODOを手放せない理由の一つは、モデリング機能が素晴らしく洗練されているところ。

3DCGソフトには一部の機能に特化したものがありますが、一通りの機能が備わったものは「統合型」と呼ばれています。

統合型ソフトではAutodeskのMaya、3DS Max、MaxonのCinema4D、NewTekのLightWave3Dが有名どころで、どのソフトもそれぞれに歴史があります。

MODOはこれらのどのソフトよりも歴史が浅いものの、元々LightWave3Dの開発陣が理想の3DCGソフト開発を目指して立ち上げた会社(後に現在のthe foundryが買収)で開発されており、ユーザー目線で一つ一つの機能が丁寧に作り込まれていることがわかります。

ユーザーインターフェイスも非常に良く出来ており、デザイン性も高いことからやる気も出てきます。(個人的な感想ですw)

モデリング機能は数ある3DCGソフトの中でも、もっとも使いやすいとの評判もあります。もちろん他の機能も充実しております。

まあMODO愛を語り出せばきりがないので、今日のところはこれぐらいにしておきますw

いわいは名古屋会場の受付にいるよ!!

そんな素晴らしいMODOでございますが、名古屋開催のイベントは、いわいがボランティアとしてお手伝いいたします。受付で待ってる!!おれ、待ってるから!!

今回は名古屋以外にも東京と大阪でイベントが開催されますが、名古屋会場ではHIBIコーディネーション代表で、MODOの達人でもある日比さんがご登壇されます!!

日比さんのブログ

日比さんとの出会いは忘れもしません。えーっと、えーっとw 日比さんを初めてお見かけしたのは東京で開催されたmodo301のラウンチイベントのときです。

その他のご登壇者は名前を知っていましたが、日比さんのことだけは知りませんでした。

しかしデモを見てビックリ!!modoの機能をすごく使いこなしていらっしゃってて、あんなことやこんなことができるのか!!と思い知らされました。

そんな鮮烈な印象を与えてくれた日比さんも、MODO関連イベントで名古屋にいらっしゃるのは初。

日比さんのデモは必見です!!本当に見ているだけでも超楽しいです。

名古屋でのラウンチイベント開催は7月11日(金)です。事前申し込みが必要になりますのでご注意を!!

MODO 801 Launch Event 開催のお知らせ!

ご興味のある方は、是非、お越しください!!会場で待ってるよ〜

BannerEvent801

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダンボールアーティスト/ブロガー。会社員だった2014年にテレビ局、ディズニーからダンボールアート制作の依頼を受ける。2015年からは独立し、ダンボールアート制作、ライティング、プロダクトデザインなど多方面で活動中。詳しくは、プロフィール・実績をご覧くださいまし。