バルミューダSmartHeaterを店頭で試した感想

一歩先を行くスマート家電SmartHeater

SmartHeaterはBALMUDA(バルミューダ)によって開発された家電製品。デザイン(見た目)が良いだけでなく、スマートフォンで外出先からも操作できるという近未来的な製品です。

興味のある方は、過去記事をご覧ください。

smartHeater7バルミューダ新作ラッシュ!iPhoneから遠隔操作できる暖房機SmartHeaterと加湿器Rainがスゴイよさげ

で、ガジェット好きとしては非常に購入意欲をそそられる要素を持っているわけですがBALMUDA(バルミューダ)製品はちょっとお高い。

購入を検討するなら、一度は実物を見ておきたいな〜ってことで見てきました!

確かな作り込みを感じたSmartHeater

あらかじめSmartHeaterが展示されている家電量販店を調べて、レッツゴー!

その他の製品が陳列台にギュウギュウ詰めに展示されているのに対して、SmartHeaterだけは特別枠を持っていました。

存在感がありますね。値札がデザイン性を殺してしまっているのはメーカー側としては残念でしょうが…w

SmartRain1

まずは見た目や質感を確認。作り込みがしっかりしている印象。ウェブサイトで感じる印象が実物からもそのまま感じられます。このあたりはアップルの製品に通じるものがありますね。期待を裏切りません。

SmartRain2
SmartRain3
SmartRain4
SmartRain6

「iPhone対応」なんて書かれているところが、他の家電と一線を画しています。

SmartRain5

SmartHeaterの実力

SmartHeaterは、暖房機です。店頭まで来たのだから是非その実力は確認したいところ。お店の人にお願いして実際に試させていただきました。

自宅にはデロンギのオイルヒーターがあります。こちらはSmartHeaterと似たような原理を持っている競合製品です。

SmartHeaterが電気を利用して熱を発するのに対して、デロンギのオイルヒーターは製品内に封入されたオイルを暖めることで熱を発します。まあ、そのオイルを暖めるために電気を使うわけですが。

いわいの自宅は一軒家ですが、作りも古くて、壁の中に断熱材などは入っていないため、冬の寒さは超厳しいです。

そんな環境でデロンギのオイルヒーターを試してみたんですが、断熱性の悪い部屋で室温が5度ぐらいのときに最高出力でずっとつけていても、残念ながら部屋は全く暖まりませんでした。

そもそもオイルが暖まってから、その熱を部屋に伝えるものなので、暖気にかなり時間がかかります。これは説明書にも書かれています。

余談ですが、イギリスでは家全体にデロンギと同じ原理のオイルヒーターが設置されていることが多いのですが、これがとっても暖かい。

イギリスも冬は寒いし、建物の断熱性はそうすぐれているとは思えないんですがね。

さて、ではSmartHeaterは、どんな感じでしょ。スイッチを入れるとデロンギと違って急速に本体が暖まってきました。少し離れたところでも、すぐに暖かさを感じられるようになります。

SmartRain7

ただ、これでいわいの部屋が暖まるかな?と考えると、ちょっと疑問。デロンギで全く暖まりませんでしたからね。このあたり、お店の人にも聞いてみましたが、部屋によって向き不向きはあるとのことでした。

この種類の製品は、マンションなどで窓の少ない部屋や断熱性がしっかりした家に向いている製品のようです。

ちなみにAmazonで価格を見たところ、本ブログ執筆時(2014年3月1日)、74,800円の参考価格に対して、なんと、46,900円という数万単位での値引きになってました。冬のシーズンが終わりがけとはいえ、こんなにも安くなるんですね。

BALMUDA(バルミューダ)のSmartHeaterは、石油ファンヒーターでないと暖められないような極寒の環境には向いていませんが、断熱性・密閉性が高くて、小さな部屋には向いていると思います。

created by Rinker
BALMUDA(バルミューダ)
¥89,980 (2021/04/20 01:04:57時点 Amazon調べ-詳細)