お前ら覚悟はいいか!これが本厄の恐ろしさだ!

世の中、科学で解明されていることの方が少ないんだぞ!!わかってんのか?!

Honyaku

「厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。平安時代にはすでに存在し、科学的な根拠が不確かで起源も曖昧だが、根強く信じられている風習である。(Wikipediaより)」

ああそうさ。科学的根拠なんか無いさ。外国人の同僚に説明したら、ニヤニヤしてたよ。でもなあ、いま本厄まっただ中のオレにはわかるんだ!!世の中、科学的にわかっていることの方が少ないってことがな!!

会社エアコン昇天

3月頃、会社のエアコンが効かなくなり、オフィスビルに修理を依頼したところ、型式が古すぎて修理不能。結局、エアコンを交換する事態に。

飲食店などに設置されている天井埋め込み式のエアコンが4基設置されることになった。詳しい人の話では、総額で300万以上はすると思われる。

アンテナ他界

台風の後、テレビが映らなくなる。アンテナが原因とわかり、屋根に登って立て直すも次の台風でまた倒れたため、電気屋さんに頼んでアンテナを交換。

デジタル一眼の標準ズームレンズ再起不能

久しぶりにデジイチで撮影しちゃうよ!!と思ったら、標準ズームレンズが動かぬ…動かぬのだ…

カーテン転生

古いカーテンを洗ったところ、劣化により繊維のくずが止まらぬ、止まらぬのだ… で、新品交換。

洗濯機汚損

ツマが指輪を無くしたということで、探すために洗濯機を分解。

洗濯機の裏側には固着した洗剤、ゴキブリの死骸、カッピカピになったタオル、ほこり、サビ、黒かびなどがががががが!!あまりの汚さに衛生面で不安になり、買い替え。(指輪は見つからなかった…)

お風呂の換気扇永眠

お風呂の換気扇が潤滑油を差しても動かなくなる。しばらくの間は、手で勢いを付けて回すというレシプロ飛行機みたいなことをしていたが、ついに回らなくなり、交換。

蛍光灯着陸

蛍光管を変えようとしたところ、蛍光灯本体が天井から落下。そもそも、今の天井には無理な重さだったらしいことがわかり、本体を交換。

アイロン硬直

コードレスアイロンが動かなくなり、コードありアイロンに買い替え。

ドライヤー休止

動かぬ、動かぬのだ…

会社の新しいPCの液晶浸水

大阪出張時、地下鉄の出口からお客様のオフィスというわずか5分程度の移動時間にゲリラ豪雨が直撃。

傘はさしていたが滝雨が肩にかかり、肩をつたって雨水が肩掛けカバンのベルトに。

肩掛けベルトからカバンの内部に雨が染み込み、閉じられたラップトップの内側に入水。

液晶が雨水でタプンタプンに。液晶交換予定。USBポートも一基被弾。

会社の新品エアコンの暖房が効かぬ…効かぬのだ…

新品交換されたエアコンが効かぬ。管理人に確認しもらうと、4つある室外機のうち、一つが機能していないことが判明。

その後、連絡は無い。コラ!!何やってんだ!!

これ全部、本厄に突入してからの一年間に起こってるんだぜ…パラリラ、パラリラ、ヒー!!(トワイライトゾーンのテーマ)

(;´༎ຶ∀༎ຶ`)

でも、厄払いは成功しているんだ!!

でもな、それでもな、本厄に入る2年前、前厄の前年には神社でお祓いをしてもらったんや。だから、本人は無病息災!!

悪いことはいわん。おまえらも前厄に入る前にお祓い逝っといた方がいいぞ!!

厄年がいつかわかんないやつは、Wikipedia見とけっつってんだ、こんにゃろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です