趣味、仕事、運動など、「続ける」ただそれだけのことから得られる大きな力

続けることは、やがて大きな力になる

power01

いわいの性格は、わりと熱しやすく冷めやすいところもありますが、なんだかんだで長く続いていることもあります。

趣味の3DCGは14年ぐらい前から、ブログも今のように毎日更新ではありませんが同じぐらい前から書いています。

今の会社には9年務めていて、ランニングも一年以上続けています。

毎日は地味なことの積み重ねですが、長年「続ける」ただそれだけのことが大きな力になっています。

3DCGを続けてきて広がったネットワーク

3DCGに興味を持ち始めた頃、すでにインターネットはありましたが情報はそれほど充実していませんでした。

自身が使っているソフトの情報が欲しいわけですが、聞けばその場で解決するようなこともネットや書籍だけでは中々解決しないことも多々あります。

できるだけ、身近なところで直接3DCGのことを話せる仲間が欲しいと考え「C3D(中部3D)」というコミュニティを2006年にクリエイターの八代さんと一緒に始めました。

目的は「直接会って、3DCGについてお話ができる仲間をつくる」です。

そもそもそんな集まりが全国的にも少ないためか、名古屋でしか開催していないにも関わらず、愛知、岐阜、三重の中部圏はもとより、これまでに東京、長野、福井、大阪、奈良など、遠方からも多くの方にご参加いただいています。

途中からウェブサイトを作ったことも良かったようです。
CHUBU3D

お陰で多くの方と知り合うことができ、3DCGに関する情報交換も円滑に行えるようになりました。

現在はいわいが主催という形になっていますが、気が付けば参加頻度の高い主要メンバーは3DCGや映像のプロばかりで、いわいだけがアマチュアという状態になっていました(笑)

使っているソフトの開発元や販売代理店の方にも仲良くしていただき、とても有意義なものになっています。

2013年は活動が控えめだったので、来年はもっと活発にできればなと思います。

ブログを続けて実感したメディアとしての力

ブログは2012年までと2013年からで分けた方が良いのですが、2012年までは主に3DCG関連のことを中心に書いていました。

まあ本当に趣味のブログです。不定期更新でしたが同じ趣味を持つ人達との交流がありました。

もともと良い情報などは共有したいという「言いたがり」なこともあって、ブログでは3DCGのチュートリアルを翻訳して掲載したりもしていたところ、後、何名かのプロの方に「役に立ったよ」とか言っていただき、恐縮しまくりながらもとても嬉しかったです。

2013年からはメディアとしての可能性を感じて、新しいドメインで更新を開始しました。

これまではただ好きなことを書くだけでしたが、新しく始めたブログでは趣味が中心ながらも「役に立つ情報を書いてPVを増やす」ことを初めて意識しました。

PVに関しては来年明らかにしますが、開始以来ずっと右肩上がりで伸び続けています。

またCGコミュニティの主催や仕事上の経験から「オンラインで何かをするなら、オフラインが重要」ということを実感として理解していました。

そのため「ブロガー」という未知の領域の方達の集まりに積極的に参加し、わずか一年とは思えないほどに多くの方との交流が増えました。

メディアとしてのブログの可能性は当初予想していたよりもはるかに大きいと感じていて、その影響力は個人・法人を問わず、活用する価値が高いです。

そのことを実感できたことや実際に運用してノウハウを得られていることは、非常に大きな財産です。

ランニングを続けることで保てる心と体のバランス

coffee

ランニングを始めたきっかけは体力をつけるためです。

私にとっての体力とは「疲れにくいこと」。人間の体の6割は水分と言われていて、体の中を血液などが流れています。

若い頃はそれほど積極的に体を動かさなくても、血液は滞り無く流れます。

新陳代謝が活発な状態です。しかし年齢とともにその流れを邪魔するものも増え、内臓の水分吸収力や皮膚の保水力なども衰えていきます。

運動することでこれらの力はある程度は回復するため、結果として疲れにくくなります。

20代前半までは積極的に運動をしていましたが、徐々にその習慣が無くなり、仕事もデスクワーク中心となったために年齢も相まって疲れが溜まりやすくなりました。

ランニングは1日おきが基本ですが、天候や仕事の都合などで数日走れないこともあります。

そんな感じでも一年続けると効果はあるもので、体は引き締まった状態を保てているし、体も疲れにくいです。

人間にとって大切なことは「心と体のバランス」だと考えています。

体を動かすことで頭や気持ちもスッキリさせられて、ストレス解消にもなり、心の平静さを保つ役割も果たしていると感じています。

仕事を続けて築いた信用

今の会社には9年間お世話になっていて、現在の営業という役職についてからは5年になります。

過去に営業経験はありません。また私は名古屋勤務で本社は東京。そばに営業を教えてくれる人もおらず、手探りでのスタートでした。

ただ会社にはもともとウェブサイトの運用担当者として入社した経緯もあり、商品知識は持っていました。

また営業となる2年程前からウェブ系のイベントには色々と参加していたので、対面折衝が皆無というわけではありませんでした。

ちょうど営業になった時期が業界の成長期と重なったこともあり、待ちの営業でも引き合いを多くいただけたという幸運もありました。

が、そんな時代はそう長く続きません(苦笑)

サービスは飽和状態となり、価格競争も激化して、業界の成長は踊り場に差し掛かりました。

こんなご時世でありながらも、2013年は営業として安定した結果を残せました。

結果は運です。ただ運を引き寄せるための積み立ては行ってきました。

積み立てとは、日々、多くの人に会って信頼してもらえる存在になること。

会社で提供しているのは、ウェブサイトなどを運用するためのサーバサービス(ホスティングサービス)なので「いい商品がありますよ!」などと売り込んでも「じゃあ、一つもらおうかな」とはなりません。

選択肢として覚えておいていただいて、必要なときにお客さんの方から声をかけていただけることが理想です。

見込みとなるお客さんには自社のサービスの説明をすることはあっても、押し付けることは決してしません。

お話しした人が求めるものが他社の方があっていると思えば、そちらをすすめています。

無理に契約してもらっても、お客さんも私も幸せにはなれないからです。

それよりは「この人は信用できそうだな」と思ってもらうことが大切で、遠回りにはなっても、それが一番良い結果を生みます。

数年間、営業を続けて何百人という人達に顔を覚えてもらい、そのうちの何割かの人に信頼を得て、必要なときに声をかけていただき、安定した結果につながったんだと思います。エーはなしや(笑)

「続ける」に「動く」を足すことで、点と点がつながって広がりが加速する

3DCG、ブログ、ランニング、仕事(ホスティング)など、全く関係のないことに思えますが、これらの点はうまくつながっています。

例えば3DCGのコミュニティに仕事上の見込客となる人が参加し、コミュニティに参加している他の人と仕事が成立したことがあります。

私は直接的には何もしていないし、その場で何かを得ることはありません。

しかしコミュニティという場を作った人として認知はしてもらえるでしょうし、結果として課題が解決できた方には喜んでもらえます。

そして主催者のいわいというのはホスティング会社に勤めてるらしいねってことを覚えてもらうことで、あるとき思いがけず仕事の相談が舞い込んだりします。

営業の現場で雑談として趣味の3DCGのお話をすることもあり、仕事とは関係ないけど、3D方面に明るいということを覚えていただき、今度は仕事で接点を持った方から3DCGの相談をいただいて、クリエイターを紹介することもあったりします。

結果としてお客さんに貢献できることとなり、恩を感じてもらえることもあります。

すぐには仕事上の結果につながらなくても、信頼感は増すでしょう。

3DCG、ブログ、仕事、いずれにおいても、長く続け、人と会うことを惜しまず、積極的に動いているからこそ、このような相乗効果が生まれていることは間違いないです。

ランニングはこれらの活動を支える心と体のバランスを保つために役に立っています。

趣味でも仕事でも目的意識を持って続けいていれば、良い結果が生まれるんじゃないでしょうか。

改善はいつでもできます。まずは続けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です