ハリウッド映画には欠かせない「マッチ・ムーバー」というお仕事!

楽しいマッチ・ムーブの世界!

ハリウッド映画などで多様されるVFX(特殊効果)は一般的には「CG」という一言で表されます。

そこにはCGのモデルを作るモデラー、アニメーションをつけるアニメーターなど、それはもう様々な職種があります。

そんな様々な職種の一つに「マッチ・ムーバー」があります。マッチ・ムーブは、CGと実写を合成するときなどには欠かせないもので、マッチ・ムーバーはその専門職です。

neillblomkamp_trumpハリウッド映画の監督が本気でジョーク映像を作るとこうなる

マッチ・ムーブってなに?

実写映画で使われるCGは、すべてがCGなわけではなく、建物や車だけとか、一部がCGで、他は実写という場合も多いです。

写真とCGであれば、Photoshopのようなソフトがあれば、合成可能です(もちろん、技術力が必要です!)。

でも、実写(動画)にCGを合成する場合は、実写もCGも動くわけで、簡単には合成できません。そこで必要になるのが、マッチ・ムーブです。

マッチ・ムーブとは”match(合わせる)”と”move(動き)”を合わせた言葉で、言葉通り、動きを合わせるという意味です。

厳密に言うと2Dと3Dのマッチ・ムーブがありますが、今回はより高度な技術が必要となる3Dマッチ・ムーブについてのお話です。

マッチ・ムーブ用のソフトは、高額なものになると、200万円ぐらいしますが、安価なものなら、5万円以下でも入手可能です。安価なものでも、結構高度なことができます。

hitfilmHitfilmを使ってハリウッド映画を個人制作!!

マッチ・ムーブのやり方

実例として、いわいが何年か前に作った実写合成の映像をご覧ください。

実写とCGの動きがピッタリと合っていますよね。この映像を作るためにまずは実写映像を撮影し、その後でCGを作りますがCGは実写映像と全く同じ動きになる必要があります。

下の画像はCGソフトの画面です。左上にある白い線で描かれたものがカメラで右下の球体はCGです。

CGshot

CGソフトは仮想空間の中に現実を再現できます。アニメーションを作るときにはCGソフトの中のカメラを現実のカメラと同じように動かして映像を作ります。

実写とCGの動画を寸分の狂いもなく、合成しようと思ったら、実写映像を撮ったカメラとCGソフト内のカメラが、まったく同じ動きをしなくてはいけません。

それどうやればいいの?を解決してくれるのがマッチ・ムーブ用のソフトです。

マッチ・ムーブソフトで実写映像の動きを解析して、そのデータを3DCGソフトのカメラデータとして渡すことができます。

すると3DCGソフト内のカメラがCGソフト内で実写映像のカメラと同じ動きをしてくれるんです。

説明が小難しいんですが次のメイキング映像を見てもらうと、実写とCGの動きがピタリと合っているのがわかると思います。

マッチ・ムーブ用のソフトで自動処理させるだけでは上の映像のようにきれいに実写とCGの動きが合うわけではありません。

マッチ・ムーバーは、地味な手作業を行って、データを修正します。

neillblomkamp_trumpハリウッド映画の監督が本気でジョーク映像を作るとこうなる

ハリウッド映画には欠かせないマッチ・ムーブ

普段、ド派手なCGを使ったハリウッド映画には随分と楽しませてもらっていますが、実写とCGを合成するためにはマッチ・ムーブが欠かせません。

少し前までは一般人が全く関わることなど出来なかったと思われるマッチ・ムーブの世界ですが、最近ではソフトウェアだけでなく、参考書籍などもネットで購入できるようになっています。

しかも日本語に翻訳されておりますよ。ずっと前から、欲しいものリストに入っています。欲しい…

最近ジャン・クロード・ヴァンダムを起用したボルボのCMがネットで話題になっていましたが、さらにそれをパロディ化してカナダのトロント市長の顔とすげ替えた映像が紹介されていました。

プロによる犯行です(笑)こういうものにもマッチ・ムーブの技術が使われています。

こちらがオリジナルのCM映像。

こちらがパロディ。技術力高すぎ(笑)さすがはプロ!!

いわいは皆を驚かしたり、楽しませたりするのが好きで、実写とCGの合成に興味を持ってマッチ・ムーブのことを独学しました。

そのうち何かオモシロイ映像を作りますよ(^^

neillblomkamp_trumpハリウッド映画の監督が本気でジョーク映像を作るとこうなる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です