暗所でもキレイに撮れる!これがレンズスタイルカメラの上位機種QX100の実力だ!

ご覧、これがQX100の実力だよ!

我が家にやってきたソニーのレンズスタイルカメラQX100でありますが、ソフトウェア的な実力や、ココが良い、ココは頑張れ!!みたいな評価はとりあえず後回しにして、まずはバシバシ撮った写真をお見せします!

カメラですからね。ツベコベ言う前に写真を見るのが良いかと思うのです。それでは、どうぞ!

ということで、最初はカメラ目線の写真から。普通、カメラ目線というと、「写真を撮られる人がカメラに向ける目線」のことを言いますが、今回は、リアルカメラ目線ということで、「カメラ側から被写体を見た目線」をご紹介。どういうことかって、こういうことです!

まず、QX100は、こういう円筒形の箱に入っております。(あ、この箱のみiPhoneで撮ってますw)

qx100h4

ここからです!いま、まさにオーナーいわいの手によって、箱のフタが空けられようとしています。箱の間から入り込んだ、わずかな光によって、箱の内側をちゃんと写し出しています。ワイヤレスで操作できるので、スマホから、この画を見ながら写真が撮れます。

qx100h46

フタをさらに持ち上げると、内側の形がはっきりと見えてきました。

qx100h47

フタ、オープン!オーナーの頭が見えました!

qx100h48

オーナーの顔面を激写!

qx100h49

ようこそ、我が家へ!

qx100h50

はい、くだらない寸劇にお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました(笑)さらにQX100の実力を見ていきましょう。

qx10036

昼間に室内で撮った写真。カーテン越しの柔らかい光が良い照明になっています。

こちらは、夜に撮影したもの。レンズがF1.8と、非常に明るいことと、コンパクトデジカメとしては非常に大きなセンサーを採用していることの相乗効果で、暗所でも非常に美しい写真が撮れます。

日中、太陽光の下であれば、iPhoneでもかなりきれいな写真が撮れますが、夜間はこちらが圧勝ですね。

qx10037
qx100311
qx100310
qx10039
qx10038

食べ物もキレイに撮れます。夜ご飯を室内の蛍光灯の下で撮影。背景がぼけて、被写体が際立ちます。デジタル一眼のようです。

qx100312
qx100313

薄曇りの日に、車内で撮った写真。曇っていても良い雰囲気に撮れます。

qx100314

同じ日に撮った、ワンコ先生。心無しか、いつもより男前に見えるw

qx100315

動画も暗所に強いです。特別な照明などはありませんが、この品質です。

まだまだ、遊び足りないので、今後も色々とQX100の魅力をご紹介していきますよ!乞うご期待!

QX100情報のまとめページはこちら!
QX100まとめ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です