ダンボールファン必見!!iPhone5用のダンボールケース、お値段なんと2個入りで525円!!

偶然見つけたダンボール製のiPhoneケースを買ってみたよ!!

追記(2016年9月11日):本記事で紹介している商品は、現在は販売されていないようです。

先日、ネタ記事として、「ダンボール」というキーワードを絡めてGoogle検索すると、だいたい、このブログが結果に出てくるということを書きました。

そのときに「iPhone」+「ダンボール」というキーワードで出てきたのが、今回ご紹介するダンボール製のiPhoneケースです。

これがダンボールiPhoneケースだ!!

525円という、スーパーリーズナブルなお値段ということもあり、ネタとして買っておこうと思った次第ですw しかしながら、525円という値段からは想像できない、中々の品質でした。

まずは、パッケージ。かっこいいデザインで、期待をさせてくれます。
iphone_paper1

裏側はこんな感じ。迷彩柄がまぶしいw
iphone_paper2

中身のダンボールを取り出すと、パッケージの裏側が説明書になっていました。無駄がありません。ちなみにダンボールは、迷彩柄の他に、無地のものが入っています。
iphone_paper3

型紙?からケースを取り出したところ。迷彩柄が机に馴染んで見にくいというw
iphone_paper4

裏側は、まっさらなダンボールです。
iphone_paper5

中々、細かな作りになっていて、案外、折るのが難しいです。
iphone_paper6

小さな穴がいっぱいあいていたり、細いところを折る必要があったりして、つぶさないように折るのが結構大変でしたが、なんとか、ここまで持っていきました。さて、ここからは、iPhoneにケースを装着する画を撮っていく必要があるので、iPhoneカメラから、デジタル一眼に交代です。
iphone_paper7

デジタル一眼1枚目。驚きの高品質!w ズームレンズが壊れていることがわかり、心に傷を負いながら、単焦点レンズで撮影を続行します(涙)
iphone_paper21

この状態から…
iphone_paper22

はい、くるみました!!うまいこと噛み合わせて、接着剤を使ったり、複数のパーツを組み合わせること無く、1枚のパーツからこれだけのものを作るには、センスが必要かと。素晴らしいです。
iphone_paper23

音量ボタンの穴なども素晴らしい精度で空いています。ただ、悲しいかな、ダンボールの厚みがあるので、ちょっと押しにくいw
iphone_paper24

カメラのレンズやフラッシュの穴もきちんと空いていますね。
iphone_paper25

最後は、正面からの写真。いやー本当に良くできています。ネタとして購入しましたが、ケースとして本当にあり何じゃないかと思える出来映えです。手に馴染むダンボール素材なので、なにかこう、愛着を感じます。
iphone_paper26

ダンボール製とはいえ、細部もしっかりと作られており、また、迷彩柄も格好良くて、525円なら、全然ありだと思いました。パーティーの景品とかに良いかもですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です