無償の3DCADツールが登場!!3Dプリンター用データを簡単に作れる?!

en_dsm_intro

少し前のニュースになりますが、3DCADソフトが、無料というニュースがありました。

3DCGソフトは、無料のものを幾つか知っていますが、3DCADソフトは初めて知りました。

無償の3D CADツールが登場、3Dプリンター用データを簡単に作れる

3DCGと3DCADの違い

いわいが趣味で愛用しているのは、3DCGのソフト。今回、無償提供というニュースが出たのは、3DCADソフト。

そもそも、3D系のソフトに馴染みの無い方達にとっては、どっちも良くわからないということになろうかと思います。

3DCGの”CG”は、”Computer Graphics”の略で、”CAD”の方は、”Computer Assisted Drafting(Drawing)”の略です。

3DCGソフトでは、3Dアニメーション、フィギュアの元データ、フォトリアルなCGなどを作ることを得意としており、3DCADは、工業製品の設計図製作などに使われます。

エンターテイメントの分野で使われるのが、3DCGソフトで、業務分野で使われるのが3DCADソフトと考えれば、大きな間違いは無いと思います。

3Dプリンタ用のデータを作るために、どちらが良いかと言われれば、それは作るもの次第ということになります。

iPhoneケースのように、製品の形状に対して寸分違わぬ精度の高いものを作ろうと思ったら、3DCADが向いていますし、フィギュアのような有機的なものを作るためには、3DCGソフトの方がが作りやすいです。

無料ということで、興味があるならまずは、試してみよう!!

3DCGにせよ、3DCADにせよ、一番大切なのは「作りたいものがある!!」ということだと思います。作りたいものがはっきりしているということは、ゴールが明確ということなので、作ってみた結果が目標に対して、どれぐらいの出来であるかがわかりやすいです。

3DCGソフトも3DCADソフトも、馴染みの無い人には、最初は取っ付きにくいところがあると思いますが、まずは、「こんなのを作ってみよう!」というゴールを定めて、触ってみるとよろしいのではないかと思います。

まずは、無料ってことで、どんなものか試してみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です