え?そんなところまでCGなの?!いまどきの映画やドラマの合成技術のすごさがわかる映像!

広告に使われる写真でPhotoshopなどを使ったデジタルな手直しが行われていないものなど、ほとんどない昨今ですが、特にハリウッドでは映画やドラマの世界で、いわゆるCGが多様されています。

こちらの映像を見ると「え?そんなところまで?」という、あっと驚く使い方がわかります。

普通に撮れそうなところにCGを使うのがプロ?(笑)

現実的にはあり得ない映像を見ると、一般的には「CGが使われている」などと言われます。

でも実際には、CGというよりは「合成」という方が正しい場合がほとんどです。

人物の映像、背景の映像、CG(人物、動物、煙や爆発のような特殊効果まで様々)など、様々な素材を重ね合わせて、なじませて最終的な映像が作られます。

ヒーローが空を飛んだりする光景は、当然ながら映像を加工して創りだされていて、実際には存在しないものです。

このような映像が、いかに良くできていたとしても、現実にはあり得ないことなので、それが作られたものであるとわかります。

まあ最近の映画などは本当によくできているので、わかっていてもドキドキするんですが。

しかし、上の映像を見ていると「え?これは撮影でいいんでは?」と思うようなシーンにまで、CGが多用されています。

予算の都合だったり、権利の関係で撮影よりもCGの方がうまくいく場合も多いのかもしれませんね。

どうやって映像が作られているのかを考えたり、調べたりするのも案外面白いものですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です