半沢直樹のブレイクでさらに知名度を上げた俳優、堺雅人が出演するオススメ映画

「半沢直樹」のブレイクで要注目の俳優、堺雅人さん!!

ドラマ「半沢直樹」のブレイクで絶好調の俳優、堺雅人さんですが、かなり前から好きな役者さんの一人として注目しています。

堺さんといえば常にニヤニヤした表情が印象的で、どなたかが「笑顔で喜怒哀楽を表現する役者」とおっしゃってました。確かに(笑)

飄々としていますが妙に気になる魅力的な役者さんです。

売れっ子すぎ、出演作多すぎで、見ることができている映画はわずかではありますが、どの作品も非常におもしろかったので幾つかご紹介します!

「アフタースクール」(2008年)木村一樹 役

大泉洋さん主演の作品でツマが見たいというのでDVDを借りてみました。堺さんのことは、この作品で初めて知りました。

ある日突然姿を消した木村というキーマンを演じるのが堺雅人さんということで、重要な役どころではありますが、ストーリーは大泉洋さんと佐々木蔵之介さんを中心に展開されるため、堺さんが登場するシーンそのものは多くありません。

サラリーマン役で、特別派手なシーンがあるわけでも無いのですが確かな存在感があります。

ストーリーそのものも失踪した木村探しを巡って、複数の人間が絡んでいく謎解きもので非常に面白かったです。

created by Rinker
メディアファクトリー
¥4,799 (2019/10/14 07:32:04時点 Amazon調べ-詳細)

「クヒオ大佐」(2009年) – 主演・クヒオ大佐 役

実在した稀代の結婚詐欺師をモチーフにした作品。

ベタベタの日本人でありながら外国の由緒ある家柄の出身であると偽り、女性を騙していくクヒオ。

何ともいえず、いい加減で無責任なクヒオを堺雅人さんが面白おかしく演じています。

脇を固める満島ひかりさんや松雪泰子さんらの好演も光ります。

コメディなんだけど、実際こんなバカな男に何人もの女性が騙されたんだなと思うと切なくもなります。

でもオレオレ詐欺が後を立たない日本なので、こういう事件は多いんだろうな~と考えると、あんまり笑えないかも。

created by Rinker
アミューズソフト
¥2,310 (2019/10/14 07:32:05時点 Amazon調べ-詳細)

「ゴールデンスランバー」(2010年) – 主演・青柳雅春 役

この映画はもう「圧巻」の一言です。映画そのものも大ヒットしたので見た方も多いかもしれません。

昔の友達に釣りに誘われ、のんびりとやってきた堺雅人演じる青柳を迎えたのは深刻な顔つきの吉岡秀隆演じる森田。

青柳は誘われて来たにもかかわらず真剣な顔の森田から怒られ、状況をつかめないまま事件に巻き込まれ…

もうそこからは息もつかせぬストーリー展開で最後まで一気に突っ走る感じです。そして非常に切ないラストが待っています。

濱田岳演じるキルオも非常にいい味を出しています。存在感は、一番でした。ゴールデンスランバーは、今回紹介する映画の中では、一番のオススメです!!

created by Rinker
¥2,434 (2019/10/14 07:32:05時点 Amazon調べ-詳細)

武士の家計簿(2010年) – 主演・猪山直之 役

ときは幕末、剣は苦手だが計算が得意で加賀藩に御算用者(会計処理の役人)として仕える下級藩士の猪山直之は、借財が大きくなってしまった猪山家の立て直しを決意します。

時代劇と言えば派手な殺陣というイメージがありますが、本作品は会計役が主役という変わり種。

しかしながら直之が家族の物欲や職場の同僚からの好奇の目にもぶれることなく家計を立て直していく様は非常に痛快で、ぐいぐい引き込まれていきます。

created by Rinker
¥2,000 (2019/10/14 07:32:06時点 Amazon調べ-詳細)

どんな役でもこなしてしまう堺さんに脱帽

現代劇から時代劇、サラリーマン、詐欺師、殿様、下級藩士などなど、あらゆる役をこなしてしまう堺さん。

これまではニヤニヤしている印象が強かったんですが、半沢直樹では感情を押し殺して、ぐっと睨みつけるような表情が印象的です。

今後も堺さんの活躍に期待です!その前に、テンコ盛りの過去作品を見ないとですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です