スカルプトが熱い!無料スカルプトソフトやウェブサービスも紹介!

スカルプトってなに?

3DCGとかが趣味でない人からすると「スカルプトってなに?」ですよね。

近年標準的になってきている技術なんですが、いまやハリウッド映画には欠かせないものとなっています。

スカルプト(sculpt)とは、彫像を作るとか彫刻するという意味です。

これまでの3DCGは点と点をつなげて面を貼って形を作るというのが一般的でした。そこに彗星の如く登場した技術がスカルプトです。

これはデジタルの世界で粘土をこねるようにして、直感的に形を作っていけるというものです。スカルプトができるようになったおかげで特に生物のような有機的なものの表現力が格段に向上しました。

その流れを作ったのがZBrushというスカルプト専用ソフトです。(英語だと「ジーブラッシュ」、日本語だと「ゼットブラシ」とか呼ばれてます。)

元祖スカルプトソフトZBrush、無料スカルプトソフトSculptris

ZBrush開発元のサイトには驚異的にリアルな作品がてんこ盛りに掲載されているので、興味のある方は是非ご覧ください。本当にスゴイです。

ZBrush

YouTubeではZBrushのデモが多くアップされています。こんな感じでコネコネしながら超絶リアルなものを作れるソフトなんです。

このソフト、技術の革新性も驚異的ならユーザーフレンドリーさも驚愕もので、発売以来5回ぐらいはメジャーアップグレードしていると思いますが一度もアップグレード料金をとっていないんです!

初期の頃に安価に購入した人は、その後一度の追加費用も払うこと無く最新バージョンが使えています。新規価格は最近は円安の影響もあって、日本で購入すると10万円近くしますが、機能から考えれば妥当かもしれません。

またZBrushの開発元が買収したSculptrisというソフトは無料で提供されています。ZBrushほど高機能ではありませんが、腕に自信がある人なら結構なものが作れちゃいますよ。

Sculptris

追記:その後、ZBrushの廉価版としてZBrushCoreが発売。入門用としては最適です。私も購入しちゃいました。

zbrushcore_start01ZBrushCore購入!チュートリアルが充実してて勉強しやすい!zbrushcoreZBrushCoreはCGを知らない新規層の開拓を狙っているかも

NewTekのスカルプトソフト、ChronoSculpt

NewTekはLightWave3Dという3D野郎達にはお馴染みの3DCGソフトを開発している会社なんですが、その会社から意表をついてChronoSculptというスカルプトソフトが発売されました。

Chronosculpt

ZBrushが現在のように進化して以来、他社からもスカルプト専用ソフトが発売されたり、従来の3DCGソフトにもスカルプト機能が取り入れられるようになりました。

しかし今回のNewTekのように3DCGソフトを作っていた会社が本気のスタンドアローン版のスカルプトソフトを発売するのは初めてじゃないでしょうか。他には無い機能もありそうで興味津々でございます。

ついにはWebでもスカルプトとな!

極めつけはWebGLの技術を使ってブラウザでスカルプトができてしまうというSculptGLです。ノートパソコンでもそれなりに軽快に動きました。ここで作ったデータは3DCGソフトで開ける形式で保存もできます。いやもう、すごい世界になってきましたね。

Stephaneginier.com

いわいの作ったなにか。ウェブでこんなのが10分ぐらいでできちゃいます。ちなみに設定があるかもですがSafariだとうまく動作しなくてChromeならOKでした。
clay

3Dプリントで作品を作る場合、機械の部品のようなものは3DCGやCADのソフトが向いているわけですが、生物のようなものはスカルプトの方が向いています。子どもでも、なんとなく形はできてしまいますしね。

今後3Dプリンタが普及価格帯になってこればウェブで子どもが粘土感覚で作ったものを、3Dプリンタで印刷したりなんて流れにもなりそうです。リアル粘土じゃなくて、デジタル粘土が当たり前になったりするのかも。

この分野からは今後も目を離せないな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です