【御礼】スバコが目標達成!クラウドファンディングは継続中!

香りも味も格段に向上!自宅で挽きたてコーヒーを飲むためにミルを購入したよ!

芳醇な香りと豊かな味わい!挽き立て豆のコーヒーは最高!

これまでの人生、随分ともったいないことをしていたかもしれない!もうコーヒー好きなら買わない理由は無いというのが今回購入したコーヒーミルです。香りも味も全然違います!

コーヒー好きのいわいでありますが、これまで凝ったことと言えば、コーヒー屋さんで挽いてもらった豆を買ってくるぐらいでした。

でも粉になったものは、時間が経つと酸化して酸っぱくなってしまいます。香りも徐々に失われていきます。

コーヒー豆を買ってきて自宅で挽けば、いつでも新鮮なコーヒーが飲めるはず。

そんな当たり前のことを知っていながら、これまで試したことはありませんでした。

自宅でも美味しいコーヒーが飲めるようにしようかな〜と思い立ってコーヒーミルを購入しました。

小さくてシンプルな構造、分解して丸洗いもできるポーレックスのコーヒーミル

今回はポーレックスのコーヒーミルを購入しました。理由は次の通り。

  • シンプルでミニマルなデザインが好みだった
  • 部品を全て分解して、丸洗いができるため、衛生的であること
  • 比較的安価であったこと

ガジェットでもなんでも、普段使うものはお気に入りのデザインを選びたいものです。

ミルというとドッシリとした据え置き式のようなものが多い中、ポーレックスのミルは小さくてかさばらず、また一切の無駄を削ぎ落としたようなシンプルなデザインでした。

山登りやバーベキューなどに持参して、外で挽き立てコーヒーを飲んだりといった楽しみ方もできそうです。実際、そういうシーンを考えて設計されているんじゃないかと思いますが。

でも、残念ながらパッケージが野暮ったい。Blueloungeやアップルのような洗練された外箱にするだけで売上が上がると思うんだけどな。余計なお世話かな(笑)
mill1

製品そのものは期待通り、非常に良く出来ていてデザインも質感も良いです。

またAmazonで購入する際、たまたまタイムセールになっており2,000円ちょっとで購入できました。定価でも実売3,000円はしないと思います。

香りが違う!コクが違う!日持ちも良くなる!いいことづくめのコーヒーミル!

期待に胸を膨らませながら、コーヒーミルを使ってみます。外観はこんな感じで極めてシンプル。筒とハンドルのみです。
mill2

ハンドルが付いている上のフタを外したところ。ここにコーヒー豆を入れます。
mill4

コーヒー豆を入れる部分の反対側には、ネジのハンドルが付いています。右に回すと粉が細かくなり、左に回すと粗引きになります。操作もシンプルです。
mill6

コーヒー豆を投入!
mill7

ゴリゴリとハンドルを回して、コーヒー豆を挽いていきます。手動なので、気長にグルグルと何度も回します。こういう手間も楽しみの一つです。挽き終わると、先ほどのハンドル部分がコナコナしくなっています。
mill8

下側の筒には挽きたてのコーヒー豆が。筒を開けると、新鮮で芳醇なコーヒーの香りがふわっと広がります。この時点でかなりテンションが上がります(笑)
mill9

いよいよコーヒータイム!以前アシストオンで購入した、コーヒーがよりおいしくなるというコーヒードリッパーを使います。
mill10

粉を投入!
mill11

熱湯を注ぎます。新鮮な粉だと、泡がモコモコと膨らみます。1人で撮影していたので、泡が出たところでカメラを構えると、泡がなくなっているというね。お湯を注ぐとさらに良い香りが部屋中に広がります。早く飲みたいぞ!
mill12

コーヒータイム!これは写真では伝えられませんね。ほんっとうに美味しかった!手間暇かけると、美味しくなりますね。
mill13

追記: 挽きたてのスペシャルティコーヒーは極上の味ですよ!
通販で購入したスペシャルティコーヒーが旨すぎだった

コーヒー好きでミルを持っていないよって方は、是非一度、試してみてください。生活の中に豊かさが生まれますよ!いや〜いい買い物でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です