関節痛ではなかった?痛みの原因「トリガーポイント」ってなに?

2月から続く足の痛み、原因は関節痛ではなかった!(かも)

Smith & Nephew Journey Deuce Bi-compartmental unit) 3 of 3 Michael L. Baird
Photo:Smith & Nephew Journey Deuce Bi-compartmental unit) 3 of 3 Michael L. Baird’s right knee as shown in x-ray 11 June 2008 By undefined
2 月から続く足の痛みのために、ここ数日、ランニングを控えていました。

原因は股関節と決めつけていましたが、その理由は幾つかあります。

若いころに空手で酷使した体

学生の頃、熱心に空手に励んでいました。

実際に稽古していた期間は 3〜4年程度でしたが、毎日のように稽古か筋トレをしていたので、密度はかなり濃かったです。

ボクシングと同様に左前の構え(オーソドックス)であれば、間合いをはかるためには左が重要になります。

空手は蹴りがあるので左足を多用します。

特に突きよりも蹴りが得意だったので左足で何万回と蹴りの動作をしたと思います。

また膝蹴りなどもよく行なっていました。

当時、先輩から「年を取ると関節に来るらしいから、防具を付けた方がいいらしいよ。」などと助言いただいていましたが、防具を付けない方が感覚が良くわかったことや若かったこともあり、防具はあまり使いませんでした。

あれから20年。先輩は正しかった(泣)

まあそれほど大したものではありませんが、膝関節が年齢とともにギシギシと言い始めました。

そして左足の付け根、股関節まわりの痛み。きっと股関節の軟骨が消耗していることから来るものだろうと考えていました。

母親が股関節の手術

齢69の母親が、先頃股関節痛を人工関節に置換する手術を受けました。

以前から股関節に痛みを抱えていることは知っていましたが、近年歩行困難になっているのを見かねて、本人を説得して手術してもらうことになりました。

幸いにして術後の経過は良好。本人も満足そうです。

しかし母親が股関節を患ってしまったということは、私も遺伝的にあまり強くないのだろうと考えたわけです。

股関節と関係無さそうなところをグリグリすると気持ちいい

過去の経験と親の状況を自分自身に関連付け、痛みの原因は股関節だろうと断定するに至ったわけですが、どうもよく分からないことがありました。

それは患部が痛いときにお尻の窪みの上部で、背骨に近いあたりを指でグッと抑えて、グリグリすると気持ちいいということです。腰の部分にも、グリグリすると痛気持ちいいポイントがありました。

骨格図で股関節を見ると、分厚い筋肉で覆われており、表面から少しぐらい押しても、到底その刺激が届くように思えません。また押している箇所は股関節からは離れた部位です。

接骨院の先生がピタリと言い当てた症状!原因はトリガーポイント?

近所に評判の良いほねつぎの医院があり、MRIなどが必要なら紹介状も書いてもらえると聞いたので、試しにと行って見ることに。

医院ではまず仰向けの状態で股関節を大きく動かし、可動域や痛みの状態を確認。先生からは意外な一言が。

「股関節は問題無さそうですね」

え?じゃあ、この痛みの原因はなに?という疑問に対して先生が教えてくれたのは「トリガーポイント」という初めて聞くものでした。

「腰の近くを指で強く抑えると気持ち良かったり、痛みを膝や足先の方まで感じたりすることはありませんか?」と先生。ビンゴでした。

「レントゲンをとったわけではないので断定はできませんが、トリガーポイントだと思います」とのこと。

医院で先生にも簡単な説明を受けましたが、帰宅後に早速確認。かなりの情報が出て来ました。

またトリガーポイント研究所なる、ウェブサイトもありました。

トリガーポイント研究所

トリガーポイント研究所のサイトによると、トリガーポイントとは次のようなものです。

「慢性的に痛みがある方は、身体のあちこちに見られる硬いしこりや押すと響くような痛みを出すポイントがあることをご存じだと思います。トリガーポイントには診断基準がありますが、大まかに言うと、このしこりがトリガーポイントです。」

わかったような、わからんないような…で、ちょっと他にも色々と調べてみましたが、どうやら筋膜にできるしこりのようなもののことを、トリガーポイントというようです。

確かに痛む箇所などは共通点があります。しかし触るとそれとわかるようなしこりがあったりすることが多いようなんですが、それはありません。

ランニング再開に向けて、しばらくは慎重に様子をみてみます

関節がそれほど悪くなさそうなことは、一応好意的に受け止めています。

ただ、実際最近は座っているだけでお尻の奥の方に痛みを感じていたり、歩くだけで痛みを感じていたためにランニングも休止していたこともあり、トリガーポイントが原因だから関節痛ではなかったと断定はしていません。

ランニングは様子を見ながら少しずつ再開して、痛みの原因追求も引き続き行なっていこうと思います。やれやれだぜ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です