カメラ好き注目のガジェット、iPhoneに取り付けて使う安価な露出計Luxi

露出計の前にカメラの基礎を勉強しろよって話ですが

luxi

昨日に続き、連日の Kickstarter ネタです。こんどは、iPhone に取り付けて使う「露出計」ですが、こちらもまた良さげな感じです。

デジタル一眼に露出計測の機能が搭載されているものもありますが、精度の高い測定をするためには単体の露出計が必要。

「露出計」と言われると、なんだか難しい感じがしますが、英語だと「Light Meter」なんですね(exposure meter とも言うらしい)。

直訳だと、光の計測器みたいな感じでしょうか。なんか、そっちの方がわかりやすい。

露出計は、プロのフォトグラファーの道具という印象ですが、高価なものだと 3 万円とかします。ということで、こちらのガジェットも安価な単体露出計と同程度の精度でありながら、さらに安価であることをアピールしています。

iPhone4/4S 用と iPhone5 用の出資枠がまだあります。19 ドルで一個もらえるようです。US 以外への発送は、一律 5 ドルなので、2,000 円とちょっとぐらいですね。あまり一般向けの商品ではないので、将来的に大量生産される可能性は低そうに思えます。

Kickstarter のエントリーページは、こちら。
Luxi ~ Incident light meter adapter for iPhone

ただ、「その発想はなかった!」ということがきっかけで、思いがけずヒットする可能性はあるように思います。

例えば、ジャパネットの高田社長が、誰もが会議やインタビューで使うものと考えていたボイスレコーダーを、子どもが帰宅したときに親がメッセージを残すツールとして提案したところ、爆発的に売れたことがあったそうです。

共稼ぎが当たり前の時代、小学生ぐらいの子どもが帰宅したときに、置き手紙よりもボイスレコーダーで声が聞こえた方が安心感が違うでしょう。そんな日常の風景を思い浮かべて、新しい提案ができる高田社長は素晴らしいですね。

と、お話が大幅に横にそれてしまいましたが、露出計には興味あるけど何万円とか無理って人は、入門用として入手してみてもいいかもですね。

(引用元:Kickstarter – Luxi ~ Incident light meter adapter for iPhone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です