レンタルサーバ屋からブロガーへの助言「データ消失は人ごとじゃない!バックアップ超大切!!」

ブロガーにとって書き溜めてきた記事は「資産」

Danger
Photo:Danger By spcbrass

さて、先日のごりゅごさん主催のブログ合宿には、すごいブロガーの皆さんがモリモリ参加されていて、大いに刺激を受けました。ブログが本業の収益を超えたという方もいて、スゴイと思うのと同時に、データの保全は大丈夫かな〜ということが心配にもなりました。

人気ブロガーの方達は、非常に良い記事をいっぱい書いていて、その情報を求めて、多くの方がブログを訪問するわけです。

人気ブログは、月間 100 万 PV 以上か、それに近い PV 数を誇ると聞きます。

しかし、いかに良記事の多い人気ブログであったとしても、全部で数十本程度の記事数では月当たりの PV 数がそこまでは達しないはずです。

そのような方達は飛び抜けてアクセス頻度の高いページだけでなく、数百から数千の記事がロングテールの効果を発揮して、そこまでの PV になるのだと思います。

多くの人気ブロガーの方達は、まずは毎日ブログを更新しましょうとか、途中でやめてしまう人達が多いので、まずは続けることが大切といっています。

そのような積み立ては数日ではできません。日々の努力の結果として、積み上がったものなのです。

ブログの記事は、ブロガーの方達各々が時間をかけて紡いできた、かけがえの無い大切な資産と言えます。

ブロガーにとっての命綱は、ある日突然消えてしまうリスクがある

長い人では、10 年以上も前からブログを更新し続けています。

データ容量も非常に多くなっていることでしょう。しかし、どれだけのブロガーの方達がデータの保全を行っているのか、心配に思うことがあります。

私はレンタルサーバ会社に勤務して、今年で 9 年目になります。

こちらの他に RENSABOUT.com というレンタルサーバの情報サイト運用しており(その後終了)、こちらで注意喚起することもありますが、クラックなどは毎月何件かは起きています。

最近ではサーバそのものの性能も向上していて、10 年以上前と比べると故障頻度も低くはなっています。

しかしサーバは機械である以上は絶対に壊れないということはないですし、人為的なミスで消失することもあります。大手が提供するサービスでも、長時間の停止したこともあれば、データを消失したこともあります。

バックアップデータが使えないことも

ブロガーに人気の CMS といえば、WordPress です。このブログも WordPress で運用しています。

WordPress は非常に便利なプラグインが無償で提供されていて、ウェブ制作のプロでなくとも、ブログを作ってしまえます。

さらにデータベースのバックアップを自動で行ってくれるプラグインもあります。

こういったプラグインを使って、定期的にバックアップをとっていらっしゃる方もいるでしょう。

ここまでできている人は問題ない「はず」です。怖いのは、バックアップをとっていたにも関わらず、それが復旧できない場合です。

その原因は、ざっくりと、2つ考えられます。

1つ目は、バックアップを取っていたつもりが、うまくバックアップが取れていなかった場合。

特にデータが大量になってくると、処理がうまくいかず、バックアップが取れていなかったということもあり得ます。

2つ目は、元データが汚染されてしまった場合。

自身が使っているサーバがクラックされて乗っ取られてしまった場合、クラッカーによってコードを書き換えられたり、何かを仕込まれたりした場合、そのデータをバックアップしていたとしても、使えないのです。

クラックによる不正侵入は、すぐに検知できない場合も多いです。例えば、見つかっていない「ゼロデイ脆弱性」を突かれた場合です。

ソフトウェアの脆弱性や、ウィルスなどの情報は、それら情報を網羅するデータベースに蓄積されて、共有されています。

しかし、それらの情報はあくまでも既知の情報であり、被害が出てから初めて明るみに出る脆弱性やウィルスなどもあります。

そういった場合は防御のしようがないわけです。

ここまでレンタルサーバを借りて自身でブログを運営することを前提として書いてきましたが、無料で提供されているブログを使う場合、「運命に身を委ねるしかない」と言えます。

無料ブログを提供している会社が倒産したり、サービスを停止する可能性があり、これは利用者にはコントロールできません。

無料ブログの場合はデータのバックアップや書き出しができるものは、ほとんどないと思います。

じゃあ、どうすれば良いのか?

answers
Photo:answers By cavale

特にブログが収益の柱になっているような方に強くおすすめしたいのは、まめにバックアップを取ることと、バックアップの復旧テストです。

例えば一ヶ月前にクラックされたことが判明した場合、それ以前のデータは安全であると見なすことができます。

高い頻度でバックアップを取ることによって、戻せるポイントが増えるわけです。

年に一回程度のバックアップでは、多くの資産を失うリスクがあります。

また、これは高い頻度で行うことは大変ですが、一度だけでも安価なサーバを借りて、バックアップデータの復旧テストを行うと良いです。

実際にテストを行ってみることで万が一に復旧が必要になったときも迅速な対応が可能になりますし、何らかの理由でバックアップデータから復旧ができなかった場合に原因を見つけて修正する良い機会にもなります。

正直なところ、レンタルサーバを利用している一般企業であっても、バックアップの復旧テストまで行うことは稀です。

私も偉そうに書いてきましたが、まだこちらのブログの復旧テストまでは行ったことがありません。

私の場合は、特に収益になっているわけでもありませんし、本格的にブログを始めてから間もないということもありますが、もしもこの記事に対する反響が大きいようであれば、復旧テストを実施して、そちらを記事にしてみようかと思います。

(追記:一部、文章が欠けている箇所があったため、修正しました。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です