地図上の距離をはかれる2つのウェブサービスはランニングコース検討に便利!!

google

ランニングをしていると、毎日何キロという目的設定をしたりするために、距離を測りたくなることがあります。

そんなときに便利なのが、Google Maps や Mapion などの地図サービスを使った距離測定のサービスです。

Google Maps を使ったサービス

Google Maps を使ったサービスは、個人の方が提供されているサービスのようです。

Google Maps を使った距離測定

ページにアクセスすると、画面右上に住所入力欄があるので、こちらに入力するか、もしくは Google Maps をドラッグや拡大・縮小して、任意の場所を開きます。

google01
住所を入力、またはドラッグと拡大で任意の場所を設定

あとは、距離を測定したい箇所をピン留めしていくようにクリックするだけです。画面左上に距離が表示されます。非常にシンプルな操作です。

google02
距離を測りたい箇所をクリックしていくだけ!

Mapion を使った「キョリ測」

「キョリ測」は、ベータとなっていますが、Mapion が正式に提供するサービスです。

キョリ測

まずは、キョリ測にアクセス。

mapion01
Mapion のトップからキョリ測にアクセス

上記の直リンクでアクセスしても大丈夫です。

mapion02
住所を入力するか、地図を開いて任意の場所を指定

Google のサービスと違う点は、年齢、体重の入力や、指定した箇所を歩いたり、走ったりすることでどの程度のカロリーが消費できるかを表示できたり、地図上の任意の箇所をクリックしていて、間違えたときに一つ戻したりできる点です。

mapion03
基本操作は Google Maps を使ったサービスと同じ

キョリ測は、無料の iPhone アプリもあります。旅先でも簡単に距離が測れて良いかもです。

キョリ測 - 地図をタップでかんたん距離計測

キョリ測 – 地図をタップでかんたん距離計測

ONE COMPATH CO., LTD.無料posted withアプリーチ

Mapion のサービスは細かな操作ができて便利なんですが、Google を使ったサービスの方がシンプルで個人的には好みです。実際に目安の距離を確認してから、走ってみたんですが、RunKeepr で測った距離と誤差がありました。まあ、ざっくりと距離を測る用途で使う分には問題ないと思います。

ランニングコースの設計などに活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です